FANDOM


バットマン > バットガール

バットガールBatgirl)は、アメリカンコミックバットマン』に登場するバットマンのサイドキック(相棒)。

人物 編集

原作コミック 編集

初代バットガール 編集

詳細はバーバラ・ゴードン (バットマン)を参照

本名バーバラ・ゴードンBarbara Gordon)。ゴードン市警本部長の養女。ジョーカーに撃たれて足に不治の障害を負い引退。
現在は、新たにオラクルOracle)を名乗り、複数のスーパーコンピュータを駆使してヒーローの補助役に回る。ナイトウィングとは恋仲となっている。

二代目バットガール 編集

本名ヘレナ・ベルティネリHelena Bertinelli)。幼少時にマフィアが派遣したヒットマンに家族を殺され、ボーガンとリストダーツを愛用する復讐の女戦士ハントレスHuntress)となった。
合衆国の隔離政策により、ゴッサムシティが本土から分断されていた時期(「No Man's Land」)にバットガールを名乗って街の平和を維持していたが、マフィアとの縄張り争いで死傷者を出し、激怒したバットマンにクビにされる。
現在はハントレスに戻り、オラクルの元でバーズ・オブ・プレイ(Birds of Prey) の一員となっている。

三代目バットガール 編集

本名カサンドラ・ケインCassandra Cain)。父親は暗殺者で、幼少時のブルース・ウェイン(後のバットマン)も教えた事もある伝説の暗殺者デビッド・ケイン。暗殺術のみを教えられて育った為言葉を話せなかったが、とある超能力者と出会い、言語中枢を活性化されたおかげで、現在では普通に読み書きができるようになった。
コスチュームは黒一色に黄色いバットマークの付いたもの。顔もすっぽりと覆い隠した独自のものである。
同様に暗殺者である母親レディ・シヴァを倒したことから現在はチームを離れてしまっている。

映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』編集

テンプレート:Seealso

本名バーバラ・ウィルソンBarbara Wilson)。執事アルフレッドの姪でロンドン在住の学生。重病を抱える叔父を見舞うため長期休暇を利用してゴッサムシティにやってくる。ブルースとディックがバットマンとロビンであることを知ると、このことを予期していたアルフレッドがあらかじめ用意していたコスチュームを身に付け、バットガールとしてバットマン達と共闘していく。
コスチュームは黒一色にマント、ロビンと同じ目の周りだけを覆うマスク。

テレビアニメ 編集

『バットマン』シリーズ 編集

テンプレート:Seealso

原作を元にした独自の設定である。本名バーバラ・ゴードン。ゴッサム市警の本部長ジェームズ・ゴードンの実の娘。女子大生。単独で自警団として活動していたが、後にバットマン達と共に行動することになる。
初期のコスチュームは灰色のボディスーツに、青味がかったマスクとマント、黄色いブーツ。設定画変更後のシリーズでは黒いスーツに黄色いブーツとかなりシックになった。
声はメリッサ・ギルバート。設定画変更後のシリーズではタラ・ストロング。『バットマン サブゼロ 凍りついた愛』ではメアリー・ケイ・バーグマン。日本語版は林原めぐみ

『バットマン・ザ・フューチャー』 編集

テンプレート:Seealso

上記作の40年後を描いた本作では、父の後を継いで市警本部長となっている。夫は市会議員。
声はストッカード・チャニング。日本語版は定岡小百合

『ザ・バットマン』 編集

テンプレート:Seealso

後にポイズン・アイビーとなるパメラ・アイズリーと友人であり、お互い赤毛である事から「レッド」と呼び合っていた。声はダニエル・ジュドヴィッツ。オラクルはケリー・マーティンが担当。日本語版は共に山川琴美
グレッグ・ウェイスマンによると性格とポジションのモデルは『ガーゴイルズ』のアンジェラとのことである。
テンプレート:Link GA

ca:Batgirlfa:بت‌گرل fi:Batgirlhe:באטגירל hu:Batgirlnl:Batgirl no:Batgirlsv:Batgirl tl:Batgirl

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。