FANDOM


バットマン > バットマン (架空の人物)

テンプレート:Infobox comics character バットマンは、DCコミックから出版されているアメリカンコミックバットマン』の主役であるスーパーヒーロー

人物編集

原作コミック編集

本名ブルース・ウェイン (Bruce Wayne)。犯罪者を恐れ震え上がらせるためのコウモリを模した高性能スーツに身を包み、極限まで鍛え上げた肉体と格闘技、卓越した知力と探偵術、優れた科学技術と数々の秘密兵器を武器に、ゴッサム・シティの犯罪者を夜の闇の中、取り締まっている。その活動は法の枠外の私刑であり暴行罪の疑いがあるため、一部の者を除いて警察からは敵視されている。
ダーク・ナイト(闇の騎士)」「ダークナイト・ディテクティブ(闇夜の探偵)」「ケープド・クルセイダー(ケープを纏った十字軍騎士)」など多数の愛称がある。ジョーカーキャットウーマンには「とんがり耳 (Pointy Ear)」と呼ばれることもある。
昼はゴッサム一の大企業、ウェイン・エンタープライズの筆頭株主。大富豪でプレイボーイかつ慈善事業家として知られ、ウェイン・エンタープライズから金を「在庫処分費」と称して「横領」する事で、バットマンとしての装備修復・開発費などを賄っている。
非常に厳格な性格であり、些細な犯罪も許さず悪党に対しては容赦すらない。
自身のルールで「殺人」だけは絶対に犯さない、銃を使わないなどの厳格なルールを守っている。そのためか高潔で温和なスーパーマンとは、方針の違いから対立することも多々あるが、互いに自分にない力を持つ相手を尊敬し、心底では信頼しあっている関係である。
少年時代に観劇の帰りの通りで強盗によって、両親が射殺され、犯罪への怒りと共にトラウマとなったが、後に犯罪撲滅のため、自らを戦士として鍛え上げるため世界各地を巡り、様々な修行を積んだ後にバットマンとしての活動を始めた。
ヒーローチームであるジャスティス・リーグの創設メンバーであるが、普段は一歩身を引いている。また、他のメンバーの多くは超能力を持つが、バットマンは様々な道具を操り、才知で悪と戦う。
多目的ブーメランであるバッタラン(バットラング)、装甲自動車のバットモービル、専用飛行機のバットウィング、高速舟艇のバットボートなどを駆使する。摩天楼を移動する際には、ワイヤー付きグラップリングフック(鉤爪)を使う。
事件が起きると、ゴッサム市警の屋上に設置されたサーチライト形の信号灯バットシグナルが夜空に照射され呼び出される。
自宅であるウェイン邸の地下には大洞窟があり、そこを秘密基地バットケイブとしている。
孤児として執事アルフレッドに育てられたため、彼への信頼と愛情は絶大である。一方で家庭を知らないためか、人に愛情を示すことが苦手であり、相棒として活躍した初代ロビンとは一時、喧嘩別れをしていたりする。華やかな交友関係を持つが、常にバットマンとしての活動を第一に考えるために、恋愛は破局することになる。
後の悪役トゥーフェイスであるデント検事とは大学の同窓。バットマンとして共闘するゴードン市警本部長とは、ブルースとしても友人関係である。
宿敵ジョーカーからは「狂人」と称される。

実写ドラマ怪鳥人間バットマン編集

コメディ的側面の強い作品。バットマンが悪人をパンチすると原作コミックのような擬音が画面に合成されるのが特徴的。日本では66年~67年にフジテレビで放映された。
アダム・ウェストが演じた。

実写映画編集

『バットマン』編集

最初のバットマンの映画作品。太平洋戦争の影響下で制作され敵役は日本人である。J・キャロル・ナイシュが日本人風のメイクで演じている。

『バットマン&ロビン』編集

上記作品の続編。キャストは一新されている。

『バットマン』編集

テンプレート:Seealso

今作でのバットマンは近年の原作コミックスとは違い、コミックス初期のダークな要素が強くなっている。そのため犯罪者に対しても容赦なく殺害するなど、厳格なルールを自分に科してはいない。犯罪を憎み弱者を守りたいという信念は持っているが、そんな彼も今作の敵役であるジョーカー同様に狂気に満ちた怪人として描かれている。
犯罪都市ゴッサム・シティに犯罪者を夜な夜な始末する怪人が現れた。蝙蝠を模したその怪人の名前はバットマン。その正体であるブルース・ウェインはゴッサム有数の大富豪だが、他人に心を開かない謎が多い人物だった。実は彼は少年時代に最愛の両親をギャングにより目の前で殺害されていた。その過去から犯罪を憎むようになり、バットマンとして活動するようになったのだった。そんな彼も女性記者のヴィッキー・ベールと関わり、しだいに彼女に心を開いていくようになる。そんなある夜、彼は化学薬品工場で警察と撃ち合いを起こしていたギャングのジャック・ネーピアを捕まえようと工場に忍び込むが、事故によりジャックは化学薬品のタンクに落ちてしまう。化学薬品とその後の整形手術の影響で身体中が白くなり髪が緑色に変色したジャックは、そのショックで狂ってしまい怪人ジョーカーとなって街を恐怖に陥れる。バットマンは街を救うためにジョーカーと戦うのだった。
マイケル・キートンがミステリアス性と狂気性をあわせ持ったバットマンを好演した。原作とイメージの異なる彼の起用(監督の発っての希望)には否定的な意見も多かったが、公開後そのような意見は聞かれなくなった、この作品でマイケル・キートンは演技派俳優としての人気を不動のものにする。

『バットマン・リターンズ』編集

テンプレート:Seealso

映画『バットマン』の続編。今作でのバットマンは狂言回しとしての役割の方が強い。
ゴッサム・シティにサーカス・ギャング団という犯罪組織が襲いかかってくる。街を守るために警察機関とも連携を取って、ギャング団を裏で操る怪人ペンギンや、彼と結託し己が野望を達成しようとする大富豪マックス・シュレックの企みを阻止していく。だがもう一人の敵役キャットウーマンことセリーナ・カイルとは、お互いの正体を知らずに惹かれあってしまうのだった。
マイケル・キートンが前作同様に狂気を抱えたバットマンを好演した。

『バットマン・フォーエヴァー』編集

テンプレート:Seealso

今作から監督などの制作陣が変わり、前作同様のダークな雰囲気を残しつつも、コミカルで明るい雰囲気をあわせ持った作風となった。バットマン自身も一般的なヒーローのような健全な存在として描かれている。しかしロビンの登場により、バットマンの出番は少なくなっている。
バットマンの前に元友人である地方検事ハーヴェイ・デントが変貌した犯罪者トゥーフェイスが現れる。彼のせいで家族が殺されたサーカス団の少年ディック・グレイソンを引き取ったブルースだったが、自身がバットマンだということを彼に知られてしまう。彼がトゥーフェイスへの復讐のためにロビンとして行動することを当初は反対していたが、ウェイン産業の元科学者だったが自己顕示欲のために狂気に陥ってしまった犯罪者リドラーを倒すために共に闘うようになる。今作では少年の時に抱えた蝙蝠に対するトラウマと、それに苦しむ自身を支えてくれる精神科医のチェイス・メリディアンとの恋が描かれている。
今作ではバットマンをヴァル・キルマーが演じた。

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』編集

テンプレート:Seealso

今作では前作『バットマン・フォーエヴァー』以上に明るくコミカルな作風へと変わった。そのためバットマンやロビンもジョークを言ったりするなど、軽い性格に描かれている。しかもバットガールの登場や数多い敵役の登場により、バットマン自身のドラマ性は薄くなってしまっている。
Mr.フリーズという犯罪者がゴッサム・シティに現れた。天才科学者だった彼は病気の妻を救うための研究中に事故に遭い、低温でしか生きられない身体になってしまったのだった。時同じくして植物学者が変貌した犯罪者ポイズン・アイビーと肉体強化された生物兵器ベインがゴッサムにやってくる。そして執事アルフレッドは病気によって自身の余命が残りわずかであることを悟り、姪であるバーバラ・ウィルソンを呼ぶのだった。
今作では当時のTVドラマで人気が出てきたばかりのジョージ・クルーニーがバットマンを演じたが、作品同様に観客の評判は良くなかった。

『バットマン ビギンズ』編集

テンプレート:Seealso

ブルース・ウェインがバットマンへと変身するまでの物語を描いた作品で、新シリーズのエピソード1。前作、前々作ではコミカルさやコメディの要素が強かったが、『ビギンズ』では映画第一作、第二作同様、よりリアルなダークヒーローとしてのバットマンを描いている。
大富豪ブルース・ウェインは少年時代に、貧困層を救おうとしていた両親が目の前で、皮肉にも貧しさから強盗を犯した男に殺害されてしまう。それがきっかけになって悪を憎むようになったブルースは、自分自身を悪人と同じレベルにまで落とし込むようになってしまうが、ヘンリー・デュカードという男と出会い、自身の運命を大きく変化させていく。デュカードの導きでラーズ・アル・グールの下で悪と戦う術を学び、ゴッサム・シティへと帰還を果たす。ゴッサムには悪がのさばり、警察も汚職にまみれていた。その中でブルースはゴッサムから犯罪を一掃すべく、独自に行動を起こす。幼少の頃からウェイン家に仕える執事アルフレッド・ペニーワースや、ウェイン産業の技術開発部主任ルーシャス・フォックスの協力を得て自社の試作品を受領し、やがてバットマンとして完成されていく。そして汚職にまみれた中で一人実直に独自の正義を貫くジム・ゴードン刑事や、幼馴染で今も恋い焦がれる女性地方検事レイチェル・ドーズの協力の下でゴッサムの正義を守っていく。
クリスチャン・ベールが昼は無能なプレイボーイ、夜は犯罪者に恐れられる自警市民という二面性を持つヒーローを熱演した。彼は撮影の前は『マシニスト』の撮影で極端に痩せてしまっていた。そのため体型を戻そうと試みるが、今度は太りすぎてしまいバットスーツに入らなくなってしまった。その後ウエイトトレーニングを行い筋肉質な体型になったという。

『ダークナイト』編集

テンプレート:Seealso

新シリーズのエピソード2。今作でもリアルな作風によってバットマンが描かれており、前作以上に犯罪ドラマとしての面が強くなった。
バットマンとして自警行為を行うようになってから数年後、相変わらずゴッサム・シティには犯罪が蔓延していた。だがバットマンの活躍にマフィアは脅え、わずかではあるが犯罪数は少なくなっていた。そして市民のほとんどがバットマンを危険な自警市民と見る中、一部の市民は彼こそゴッサムを救う正義の象徴だと支持している。その中には彼を真似たコスチュームを自作し、銃を持って犯罪者を襲撃するといった危険な行為を犯す集団もいた。ブルース・ウェインはそんな状況を辛く思い、一人で犯罪者と戦うことにも肉体的に限界が見えてきた。それでも街からマフィアを摘発することを狙うブルースとジム・ゴードン警部補は、資金洗浄によってマフィアを追い詰める手段にでる。それに協力すると申し出た新任の地方検事ハービー・デントの協力もあり、一度は失敗しかけたがマフィアの資金を断つことに成功する。正体を隠さずに犯罪者を一網打尽にするハービーの登場により、ブルースはバットマンの引退を決意する。幼馴染のレイチェル・ドーズへの想いを未だに断つことの出来ないブルースは、バットマンを引退した時こそ彼女と結ばれる時だと考えていた。その頃マフィアはバットマンに対抗するために、ゴッサムに突如現れた正体不明の犯罪者ジョーカーを自分たちの仲間に迎え入れていた。しかし、ジョーカーはゲーム感覚で恐ろしいテロ行為を次々と行うという、罪悪感が一切ない恐るべき犯罪者だった。彼は「バットマンがマスクを脱がなければ、毎日人を殺す」と宣言し、言葉どおり市民を次々と殺害していく。それでも正体を明かさないバットマンに対し、市民のバッシングは高まっていく。市民の憎しみを買ったブルース自身もバットマンとしての活動に限界を感じるようになってしまう。そんな中、ついにブルースの親しい人物にもジョーカーの魔の手が迫ってしまう。
前作同様にクリスチャン・ベールが二面性を持つバットマンを熱演した。

テレビアニメ編集

『バットマン』シリーズ編集

テンプレート:Seealso

基本設定は原作と同じ。だが性格面では、若干ヒーロー性が強くされている。
大学時代の恋人との突然の別れがバットマンになる直接の契機として、映画『バットマン マスク・オブ・ファンタズム』で描かれた。

『バットマン・ザ・フューチャー』編集

テンプレート:Seealso

近未来を描いた本作の主人公である二代目のバットマン。本名テリー・マクギニス (Terry McGinnis)。ハミルトン・ヒル高校に通う高校生。
偶然ブルース・ウェインがバットマンであるという秘密を知り、殺された父の仇を討つためにバットスーツを勝手に持ち出すが、それがきっかけでブルースに認められて二代目バットマンを襲名する。表向きは放課後にブルースのもとでアルバイトをしている事になっている。
両親が別居していたせいか、何度も悪さをして、少年院に入れられたこともある。思慮が足りない部分があり、強がってはいるが、本来は優しく正義感の強い青年。バットマンとしての活動を通して成長していく。
本作では、80歳という高齢のブルースは、バットケイブからの通信で知識、判断面でテリーをサポートする。エースという名の番犬を飼っている。

『バットマン:ブレイブ&ボールド』編集

テンプレート:Seealso

バットマンと他のDCヒーローたちが競演する外伝的作品。
基本設定は原作と同じ。また、古風な正統派ヒーロー的な性格が強く、ダークヒーロー色は薄い。知勇を兼備した人格者だが、本作では他のヒーローに助けられることも多い。
ゴッサムシティだけではなく、世界各地・果ては宇宙や過去未来にまで出動する。

ガジェット(装備)編集

ユーティリティベルト(万能ベルト)
バットマンが腰に巻いているガジェット携帯用ベルト。下記のガジェットを携帯するのに用いられるがそれ以外にも「フラッシュライト」「試験管」「呼吸フィルター」「レーザートーチ」など様々な道具が装備されている。シリーズによってはほぼ「四次元ポケット」状態で「ブレイブアンドボールド」ではそのことをミュージック・マイスターに皮肉られている。
バットラング(バッタラン)
バットラングは作品によって形状は異なるが、折りたたみ式の多目的ブーメランでバットマン自身のシンボルの形をしている。ワイヤー、ロープ等を切断可能な刃がついていることが多いが人間を狙う時は斬激や刺突ではなく大抵打撃で攻撃する。バットラング自体に様々なヴァリエーションがあり、少量の爆薬を搭載し機械や壁などを破壊する「エクスプローシブバットラング」遠隔操作可能な「リモートコントロールバットラング」追尾装置のついた「オートシーキングバットラング」などがある。ほぼユーティリティベルトに装着して携帯している。
グラップルガン
自力では飛ぶことができないヒーローがよく携帯している物と同様、ガス圧でフックやニードルを飛ばして摩天楼を移動するのに用い、作品によっては組み立て作業が必要な場合もあり。「ザ・バットマン」や「ブレイブアンドボールド」ではフックやニードルの代わりにバットラングに酷似した物を装着している。主に移動用だが先端にアタッチメントを装着してターゲットを掴んで引っ張る武器にすることもでき、対象に巻き付き拘束する能力を持つ場合もある。
バット・グレネード
殺傷能力の抑えられた手投げ弾。閃光を放出するフラッシュバンタイプや、煙幕で視界を遮るスモークタイプも存在する。
スティッキーボム
対象に付着させ、時限方式や遠隔操作で起爆する爆弾。「ダークナイト」ではこの爆弾を発射するスライド式のランチャーを使用している。
マイクロ・ミサイル
腕部から射出する小型のミサイル。主に機械や超人的な能力を持ったヴィランに対してなどの限定的な状況でのみ使用する。

ヴィークル(乗り物)編集

バットモービル(Batmobile)
すべてのシリーズに登場する、バットマン愛用の特殊車輌。登場作品によってデザインや機能はやや異なるが、基本的に黒で統一された高性能な車である。
実写映画シリーズでは4種類登場している。
バットウィング(Batwing)
バットマン専用の黒い戦闘飛行機。「バットマン」「バットマン・フォーエヴァー」に登場。
バットボート(Batboat)
バットマン専用の黒い戦闘ボート。「バットマン・フォーエヴァー」に登場。
バットポッド(Batpod)
バットマン専用のオートバイ。「ダークナイト」で登場。もともとはバットモービルだったが、カーチェイスでモービルが破損したため車体の一部が分離したもの。

担当声優 編集

アニメ作品編集

日本語版 編集

実写作品 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。