FANDOM


バットマン > ベイン

ベインテンプレート:Lang-en-short)は、アメリカンコミックバットマン』に登場する悪役の一人。

人物 編集

原作コミック 編集

1993年初登場。かなり後発の悪役の一人。顔をすっぽり覆ったマスクと、レスラーのような服装が特徴。本名不詳。バットマンの背骨を折り、一時引退に追い込んだ。
強靭な肉体を武器にするパワータイプのキャラクターだが、知性も高い。筋肉増強麻薬ヴェノムを、直接頭蓋内に接続したチューブで投与することで更に力を増す。6つの言語と、2つの失われた言語を扱い、瞬間記憶能力も持ち、ほぼ一年でバットマンの正体を見破った。
バットマン引退、新バットマン誕生の一大イベント『Knightfall』シリーズのために生み出されたキャラクター。1930~40年代の小説、コミック作品『ドック・サヴェジ』がモチーフである。
架空の孤島の国家サンタ・プリスカ(Santa Prisca)の刑務所の中で終身刑服役囚の子として生まれる。刑務所の中で育った。手に入るだけの本を読み漁り、体を鍛え、生き残り、多くの者に様々な技術を学ぶ。イエズス会の初老の修道士に教えを受ける。
刑務所時代はテディベアを持ち歩いていた。名前は「Osito」、スペイン語で「小さいくまさん」の意味。迫害しようとする者には、このぬいぐるみの背中に隠したナイフを用いて反抗していた。最初に犯した殺人は8歳のときで、彼を利用しようとした者を突き殺した。
最終的に刑務所内の王としてのし上がるが、刑務所側はベインを人体実験に使った。強力な麻薬ヴェノムは被験者のほとんどが死んだ劇薬だが、ベインは生き残り、肉体強化の効果を得る。だが副作用に苦しむことになり、12時間ごとに脳につながれたチューブでヴェノムを投与し続けなければならなくなった。
後に仲間と共に刑務所を脱走。仲間は元ネタの『ドック・サヴェジ』の仲間に似せてデザインされていた。刑務所の中でバットマンの噂と、彼が恐怖で支配する街ゴッサム・シティのことを知り、興味を抱き、バットマンを倒そうとする。
直接攻撃を避け、まずアーカム・アサイラムを襲い、囚人たちを逃がす。バットマンは事態収拾に三ヶ月を費やした。ウェイン邸で待ち構え、消耗したバットマンとバットケイブで対決、背骨を折り、身体麻痺に追い込み、唯一の「コウモリを壊した男」として知られるようになった。
ブルースはジャン・ポール・ヴァレー(Jean-Paul Valley)こと戦士アズラエル(Azrael)にバットマン役を任せる。アズラエルは重責に耐えかね凶暴化、犯罪者アバターを殺害し、ロビンの助けも拒否する。新たな戦闘スーツを着込んだアズラエルはベインのヴェノムチューブを切断し禁断症状に追い込んで勝利した。これで『KnightFall』シリーズは完結した。
ベインは刑務所暮らしでヴェノム中毒から回復。脱走しゴッサムに戻り、ヴェノムをばら撒き凶悪犯を増やす犯罪に、バットマンと共に立ち向かう。解決後、彼は身の潔白をバットマンに訴え、戦うことなく父親探しの旅に出る。
サンタ・プリスカに戻り、牧師を尋ねる。牧師は父親候補として現地の革命家、アメリカ人の医者、イギリス人の用兵、スイス人の銀行家の四人をあげた。
ローマで銀行家捜索中にラーズ・アル・グールの娘タリアと遭遇。紹介されたラーズは、自分と同様にバットマンの正体を突き止めたベインを自身の後継者にしようと考える。ラーズとベインは『Legacy』シリーズでゴッサムへの細菌攻撃を開始するも復帰していたブルースに敗北した。決着がついたのはこの二度のみで以後は常に引き分けとなる。
その後、アズラエルの個人誌で登場し、再びアズラエルと戦った。
ゴッサムが大地震に襲われ、無政府状態となる『No Man's Land』シリーズではスーパーマンの宿敵レックス・ルーサーの元で働く。
ラーズとの決裂後、ラーズの力の源泉であるラザラス・ピットを破壊してまわり、その道中、バットマンと関わりの深い女性ヒロインブラックキャナリーと出会っている。
ベインはアメリカ人の医師を探すうち、それがバットマンの父親トーマス・ウェインであることを突き止める。腹違いの兄弟である可能性をブルースに打ち明け、DNA鑑定の間、ベインはウェイン邸に留まり共闘する。結果父親ではなかったものの、ブルースは支援を約束し、ベインはゴッサムを離れる。
見つけた父親は、テロリスト集団コブラの首領キング・スネークだった。ベインはバットマンと協力しキング・スネークの野望を打ち砕く。バットマンを助けるため致命傷を負ったベインを、バットマンはラザラス・ピットに沈め、新たな命を得ることを願い去った。
DCコミック社中のキャラクターや世界を巻き込んだ大規模イベント『Infinite Crisis』シリーズでベインはメトロポリスに悪役側で登場する。マーシャルアーツの達人であるジュードーマスターを殺害した。理由は語られなかったが、合本版では幾つかの変更がなされ、「結局オレはベイン(災いの元)だ、人を壊す」との台詞が追加された。
その一年後を描いた『OneYearLater』シリーズの中、『JSA』誌にて、ヒーローアワーマンに助けを求めて登場する。メトロポリスでの惨劇以前、祖国を支配する麻薬王との戦いのなか、捕らえられ、チューブを繋がれ、新たなヴェノムに犯されてしまい、中毒は死ぬまで直らないのだと語る。そのためベインは麻薬カルテルのために働かされたと主張した。
アワーマンであるレックス・テイラーは、後を継いだ息子の科学者リック・テイラーにベインを引き合わせるが狂言だった。ベインは麻薬カルテルを壊滅させ、ヴェノムの研究結果を全て破棄していたが、ヴェノムの成果がリックの過去の研究に端を発していたことを知ったのである。レックスの研究は記録が無いことを知り、彼を捉えリックの機材を盗み出す。彼だけがヴェノムを独占し、そのうえ開発者を殺そうとしたのである。だがアワーマン親子はベインを鎮圧、祖国の刑務所で石の下敷きにする。
復活した彼は祖国を民主選挙に導く。が、選挙がコンピュートロンというエージェントにより不正に行われたことを知り、戒厳令を発令させ、国は内戦状態になる。『ザ・フラッシュ』に登場する悪役レインボーライダーズの首魁コンピュートロンは亡命を考え、不正の命令をした者の正体を対価にアメリカの秘密ヒーロー機関チェックメイトに協力をあおいだ。送られてきた一人、トーマスジャガーはジュードーマスターの息子だった。ベインと戦い倒したトーマスは、復讐を選ばず止めを刺さなかった。その後ベインは、同じような秘密機関スーサイドスクワッドに加入する。
マーベル・コミックとのクロスオーバーにも登場しキャプテン・アメリカと戦ったり、二つの会社の世界が融合するアマルガムコミックでは凶暴な復讐者のヒーローパニッシャーと融合した。

映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』 編集

テンプレート:Seealso

アントニオ・ディエゴの本名を持つ囚人だった。ウッドルー博士の人体実験により、凶暴な戦闘マシーンに生まれ変わる。ポイズン・アイビーに付き従う。毒薬ヴェノムが植物から抽出された設定のため、皮膚の色は緑がかっている。
知性の無い、完全なパワー型キャラクターである。演じたのはプロレスラーのジープ・スウェンソン。

映画『ダークナイト ライジング編集

2012年公開予定のクリストファー・ノーラン監督の新バットマンシリーズ3作目にして完結編に登場が決定している。演じるのはトム・ハーディ

テレビアニメ編集

『バットマン』シリーズ編集

テンプレート:Seealso

マフィアのボス、ルパート・ソーンにバットマン退治の暗殺者として雇われるが、ソーンの情婦にそそのかされ、ソーン暗殺に鞍替えする。
ロビンを誘拐し、バットマンとボート上で対決する。原作コミックのように背骨を折ろうとするが、ヴェノムのコントロール装置をバットラングで破壊され、薬物の過剰投与によりノックアウトされた。
声はヘンリー・シルバ。デザイン変更後の続編シリーズ『The New Batman』でも二つの話に登場。前シリーズではほぼ原作通りのコスチュームだったが、本作ではレザー素材に鋲の付いたコスチュームに変わった。
  • 「消えたバットマン/NightTime」
ブルースがスーパーマンの敵ブレニアックに洗脳され失踪する。相棒ロビンはバットマンとブルースが同時に消える事態を憂慮し、スーパーマンに代役を頼む。バットマンのコスチュームを着たスーパーマンはベーン、マッドハッターリドラーの会合を襲撃。ベーンはバットマンがより強靭になっていることに驚くが、殴られ気を失って終わりとなる。日本ではスーパーマンのエピソードとして放送。日本語版は白熊寛嗣
  • 「Over the Edge」
バットガールスケアクロウに見せられた、もしかしてありうるかもしれない悪夢の世界を描いた一話。
バットガールがスケアクロウに殺され、怒りに燃えた父親ゴードン市警本部長は、ベーンをバットマン逮捕の切り札として使う。バットマンはベーンのチューブを利用し感電死させるが、最後の力でゴードンとバットマンを建物から突き落とす。落下直前にバットガールは目を覚ます顛末。
  • 「Mystery of Batwoman」
後年製作されたOVAの本作ではソーンとの取引に現れたペンギンの用心棒として登場。最後にはバットマンとの格闘の末、火の中に落ちる。本作のみ声はヘクター・エリゾンド

『バットマン・ザ・フューチャー』 編集

テンプレート:Seealso

上記作の40年後を描いた本作にもゲスト出演している。長年のヴェノム使用により廃人となっていた。

『ザ・バットマン』 編集

テンプレート:Seealso

プロの泥棒でヒットマンである。普段はスリムな体格だが、ヴェノムを注入すると旧来よりもさらに巨大化した赤鬼のような外見になる。バットマンは強化外骨格バットボットを用いてベインを倒す。
声優が度々変わり、シーズン1ではホアキン・デ・アルメイダ、シーズン4ではロン・パールマン、シーズン5ではクランシー・ブラウンが演じている。日本語吹き替え版は安元洋貴(シーズン1のみ)。
bg:Бейнfi:Banenl:Bane (DC)sv:Bane

tl:Bane (komiks)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。